GI値に糖質制限!?結局何を食べるべきか見分ける2つの視点

どうも、佐々木です。

テレビで食べ物のGI値が紹介されて以来、ずっとダイエット業界をにぎわせているGI値。

結局「GI値って何?」て聞かれても困りませんか?笑

私は勝手に「太りやすさ指数」みたいに思って、中身も全然知らなかったんです。

「ご飯よりパスタが良いらしいよ?」ぐらいの知識でした(笑)

同じようによくわかっていない「糖質制限」

「砂糖?ご飯控える的ななにか・・・」みたいな(笑)

今回は、

「ぶっちゃけ何を選んで食べたらいいの?」

にお答えするべく、

ざっくりしたGI値と糖質制限についてと、わかりやすい食事選びについてお話していきます。

GI値と糖質制限がダイエットの王道になる理由

まずはGI値。

「太りやすさ指数」でだいたいは正解でした(笑)

 

GI値=「食べるとどれだけの糖分が身体に入るか」って値です。

 

もう少しカッコ良くいうと、「食後の血糖値の上昇具合」を表す数値です。

 

血糖値についての詳しいお話はこちらから。
[kanren2 postid=”433″]

 

糖分がいっぱい身体に入ったら太りそうですよね?

 

厄介なことに糖分は、栄養素のなかで一番素早く脂肪に変わります

 

だから「白ご飯を食べると太るから、おかずをたくさん食べなさい」ってダイエットが流行したんですね。

これが糖質制限です。

一番脂肪に変わりやすい糖質を控えて太らない食事しようというわけですね。

 

私はテレビでGI値が騒がれだした当初、

「米よりパスタがGI値が低い」と聞いて、

毎回パスタの大盛リを食べていました(本末転倒)。

米よりGI値が低いのは間違えていないですけど、たくさん食べたらまったく意味がないです(笑)

 

さて、本題のぶっちゃけ何食べるのがオススメ?な話題に入っていきましょう。

低GI値で糖質制限!!ダイエットに有効な食べ物の選び方

視点①主食類は白より「茶色・黒」を選ぶ

さっきの話で、「餅」はGI値が高いとお話ししました。

「つぶれていればいるほど、糖が身体に吸収されやすい」からです。

お餅って既にしっかりつぶれていて、お米を食べるよりも身体にしっかり吸収されます。うどんも同じです。

ということは、潰されていないとれたままの状態はGI値が低いんですね。

お米なら玄米や雑穀、パンならライ麦パンや全粒粉パン、うどんよりもそばといった感じです。

これくらいなら簡単そうですよね。

麺類ならできるだけ「そば」にする。ご飯は雑穀米を選ぶ。

どうしても食べたいとき以外は、できるだけ色付きの食べ物を選ぶようにしています。

 

視点②要注意!!カロリーとGI値は無関係!!

あんぱん、食パン、クロワッサン。どれが一番GI値が低いと思います?笑

クロワッサンが一番低いんですよ。パイ生地が薄くて小麦からくる糖質が少ないですからね。

温めるとパリパリのパイ生地、バターの良い香り。ダイエット向きならいくらでもコーヒーと一緒に食べてしまいそうです。

ところが残念、バターがたっぷりと練り込んであるので脂質はたっぷり

超高カロリー食品です(ちなみに同じ量なら食パンの1.5倍ぐらいあります)あまりダイエット向きとは言えないですね。

「美味しいものは、脂肪と糖でできている」CMでおなじみのフレーズです。

高カロリーなものは、脂質か糖質のどちらか(もしくは両方)が高いんですよね。

なので、ご飯屋さんにいるところをイメージすると、

麺類ならそばを選んで天ぷらは避ける。山菜、わかめ、こんぶなどのソバが一番ダイエットに良さそうですね。

GI値が低そうで脂質も低そうなものを選ぶのがベストです。

脂質に関しては、揚げ物、脂身、油そのもの(バターやごま油)など、避けやすいものはすぐに判断できると思います。ですのでダイエットに良い食材を選ぶとなると、

【低GIで低カロリー】
1.主食類はそのままの状態か、近い状態で食べられる(玄米、そば、ライ麦パン)
2.調理の過程で油が使われていないか少ないものが理想
3.繊維が吸収を遅らせるので、できるだけ繊維と一緒に食べる

に注目して選ぶと良いですね。

私は、一人でいるときには意識して食事を選んで、誰かと美味しいものを食べるときぐらいは気にせず食べるようにしています。

我慢しているぞー!というイライラが溜まってしまって続かなくなることがダイエットの一番の敵ですもんね。

 やっぱり食事制限よりも食事選びが大事!!

カロリーだけに目を向けてしまうと、食べることそのものが悪になってしまい、こちらでお話したように極端なリバウンドに悩まされてしまいます。[kanren2 postid=”139″]

 

私は過去にダイエット雑炊だけで3カ月間乗り切ったことがあるのですが、、たんぱく質も脂質も糖質も、大事な栄養が全然足りなくて、痩せはしたけど肉はブヨブヨという最悪の結果になってしまいました。

おまけにストレスでドカ食いして、元の体重よりも多くなるという、、、

色々と小難しい話をしてしまいましたが、素材をできるだけそのまま食べられるところに目をやると、糖質は少しずつ減らすことができます。カロリーも気にしすぎることなく、すぐに油とわかるものを避けるだけでも大幅にカットできます。

甘いものを食べたいなーっと思ったら、生の果物を。

カフェオレやココアが欲しくなったら、無調整の豆乳で砂糖なしのを作ってみる。

間食したいなーと思ったら、無塩で揚げていないナッツ類や、ダイエット用のお菓子を。

「お腹が空いたなー」という時間が長ければ長いほど、ダイエットは失敗します。

低GIと低カロリーの2つの視点で上手に美味しく食べて、コツコツと摂らない糖質とカロリーを積み上げましょう。

ダイエットの始め方についてはこちらへどうぞ!

※ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると喜びます!m(__)m


【目標体重とダイエット期間を無料診断しています!】
お名前、年齢、性別、体脂肪率、身長、現体重を明記のうえ、こちらのフォームからメッセージをお願いします。 記事への感想や、「〇〇ダイエット」について知りたいことなどのお声もいただきたいです!どうぞお気軽にメッセージをお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です