小麦粉禁止!?グルテンフリーを意識するとダイエットが変わる

どうも、佐々木です。

ファッションモデルのミランダ・カーさんや、男子テニスのジョコビッチ選手が取り入れたことで知られる「グルテンフリー」ダイエット。

小麦に含まれるグルテンというたんぱく質をとらないようにすることで、脂肪のつきにくい身体にするダイエット方法です。

「たんぱく質を抜いて脂肪を減らす?」

というところに違和感を持つ方もいらっしゃるかと思いますが、結局はどの食事ダイエットでも狙う効果は同じで、

「血糖値の上昇を穏やかにして脂肪の吸収を抑える」

がという点で共通しています。

グルテンフリーダイエットも例外ではなく、小麦粉に含まれるグルテンが血糖値をあげやすいために控えていきましょう、というものです。

今回はグルテンフリーダイエットの簡単なメカニズムと、実はグルテンフリーを意識するだけで痩せ体質になる秘訣をお伝えします。

グルテンフリーは結局何をするのか

グルテンフリーと言われても、日本語じゃないので意味がわかりづらいですよね。

ようするに、小麦を食べないということです。

すぐに浮かぶのはパン、パスタ、ピザ、ラーメン、などですね。

パンをご飯や米粉パンに、ラーメンをフォーや春雨などの米粉麺にするなどの工夫ができます。

案外見落とされがちなのが揚げ物で、衣に使うパン粉や小麦がグルテンを含んでいます。

唐揚げをやめて焼き鳥にする、とんかつをやめて生姜焼きにする、などして小麦を避けるわけですね。

流行の糖質制限と違って気持ちの負担が軽くないですか?

炭水化物全部ダメ!と言われると泣きそうになりますけど(笑)、パンを米にしたり揚げ物を控えるだけでいいなら何とかなりそうですよね。

そんなことからじわじわ広まりつつあるダイエット法なんです。

グルテンフリーの狙っている効果は?

冒頭でもお伝えした、

「血糖値の上昇を穏やかに」

がキーワードです。

お米も血糖値の上昇があるので、パンをお米に変えてもあんまり意味がなさそうですよね?

実は、同じ糖質でも小麦とお米では「代謝のされやすさ」が違うんです。

パンやパスタなど、小麦を使った食べ物は、分解されにくいんです。まさに、分解の邪魔になっているのが「グルテン」。栄養の吸収を邪魔されてしまうと、栄養を使って行う「代謝」が悪くなり、身体を冷やしてしまいます。

同じ糖質でも、エネルギーに変わって代謝されやすいものとそうでないものがあるんですね!

一方でお米は、小麦と同じように血糖値を上昇させるものではあっても、「エネルギーに変わって代謝されやすい」ために、太りにくいというわけです。

一気に流行している「糖質制限」ダイエットの影響で、炭水化物の全てが悪者になっていますが、実は多くの人は「小麦を使った炭水化物」を摂り過ぎているという考え方が見直され始めています。

血糖値の上昇が太るもとになるホルモン(インスリン)を分泌させ、身体が脂肪を蓄えることには間違いないですが、

[kanren2 postid=”433″]

上昇させているのが「お米」か「小麦」かで大きく太りやすさに関係があります。

いきなり糖質制限からダイエットをしようとしても挫折しますし、気持ちの負担が少ないグルテンフリーダイエットを意識するだけでも大きくダイエット成果が変わってきます。

小麦を避けると高カロリー食品を勝手に避ける

小麦を使った料理となると、代表的なのはパンですよね。

パンはまず、パンそのものにバターなどの脂が使われます。一緒に摂りやすいものは牛乳やチーズなどの乳製品。

いずれもそれ単体で太りやすいものを無意識に食べてしまっています。特に乳製品はダイエットの大敵ですので、ピザやパスタを食べることは極力避けて通りたいものです。

[kanren2 postid=”443″]

この時点で、確かにお米と味噌汁、おかず類の方がダイエットに良いことは明らかですよね。

いきなりグルテンフリーを完璧にするのではなく、和食中心を心掛けるだけでも随分食事内容は見直せるはずです。

どうしてもパン好きな方は、米粉を使ったパンやケーキなどもあり、逃げ道がきちんと用意されているのも魅力のダイエットですね。

グルテンフリー食品も売っているスーパーはありますが、価格が約2倍に跳ね上がり、とても続けることはできませんでした。

試しにグルテンフリーのお菓子(せんべいとクラッカーの中間みたいなやつ(笑))を買ってみたんですが、

味があまりしなくておいしくなかったです。

一緒に試した友人は美味しそうに食べていたので人それぞれではあるようですが(笑)

あまり難しく考えずに、小麦を摂りそうになったときに他のものに変えることを意識するだけでオッケーです。

うどんをそばに、ビールをハイボールに、からあげ(片栗粉はオッケー)は焼き鳥に、サンドイッチはおにぎりに。。

ほんの少しの心持だけでできることなので、早速今から始められますね!

【注意!】今ある脂肪を燃やすダイエットではない

グルテンフリーダイエットは、小麦によって太りやすくなっていた体質を改善する効果があるので、

これ以上太りにくい身体を作るものであって、積極的に痩せるものではない

ことに注意が必要です。

糖質制限ダイエットと違い、食べてはいけないもの以外は量を気にしなくてオッケー!という類ではありません。

体重の減少も、今の生活が完全に小麦中心なら成果もでやすいかもしれませんが、

そうでもない方には効果は実感できるのは「揚げ物や乳製品などの高カロリー食」を避けることによる成果になるでしょう。

「せっかく大好きなパンもケーキも我慢してるのに効果がでない!」

とストレスを溜めるようなダイエットではないので、あくまで補助的にゆるーく続けていくことが重要です。

インスタントラーメンを「フォー」に変えてみると、案外美味しくて続けられますし、

サラダやスープに春雨を入れてボリュームアップするのも楽しくてはまっています(笑)

久々にケンミンの焼きビーフンを野菜まみれで食べたりも(レンジでできるから独身男子には神アイテム!)

うちにはホームベーカリーがあるので、米粉でパンを焼いたりもして、とにかく楽しく続けることが一番のダイエットです。

グルテンフリーダイエットのまとめ

同じ糖質でも、身体のなかで代謝されやすいものとそうでもないものがあるのは意外だったのではないでしょうか。

和食中心だった時代には肥満がそれほど深刻化することはありませんでした。

パン食や乳製品をはじめとする食の欧米化によって、日本人にもダイエットが必要になってきたんですね。

グルテンフリーも欧米ではメジャーになっていると同時に、日本でもじわじわ注目され始めています。

ということは、、、今のうちに脱小麦食を意識して入れば、肥満の流行からは脱出できるはずなんです!

一食だけでも、小鉢一つだけでも、ちょっと意識するだけでストレスなく続けられるグルテンフリー。

近い将来は糖質制限ならぬ「小麦制限」なんて言葉が流行るかもしれませんね(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事に関連してGI値という言葉の解説もありますので、ぜひご覧になって下さい!

[kanren2 postid=”195″] ダイエットの始め方についてはこちらへどうぞ!

※ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると喜びます!m(__)m


【目標体重とダイエット期間を無料診断しています!】
お名前、年齢、性別、体脂肪率、身長、現体重を明記のうえ、こちらのフォームからメッセージをお願いします。 記事への感想や、「〇〇ダイエット」について知りたいことなどのお声もいただきたいです!どうぞお気軽にメッセージをお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です