ダイエットの初めの一歩!腸内環境を整える方法とは?

どうも、佐々木です。

テレビのダイエット特集でまず取り上げられる話題、腸内環境。

整腸剤のCMでは昔から「腸内環境正常化」というフレーズはよく聞いたものですが、

ダイエット効果があるとなると一気に拡散するのが不思議(笑)

それだけ皆(私も含め)、ダイエットの悩みは尽きないですよね。

CMやテレビ番組、ネットでの広告などの影響で、

「とりあえず腸内の善玉菌を増やしたら良いのかな?」

ぐらいはわかっているんですが、「善玉菌って何?」という方も多いはず。

そこで今回は、これだけ話題の腸内環境について、

・なぜダイエットに腸内環境の改善が必要なのか

・ダイエットとして腸内環境を意識するタイミング

・腸内環境を整える菌の種類と摂取方法

・菌を摂取する以外の腸内環境改善方法

をお話します。

世間では「腸に良いよ!」と言われていることが実は「腸に悪い!」原因だったり、当たり前にしていることで腸が悲鳴をあげていたりと、意外な内容が盛りだくさんですので、ぜひ最後まで読んで下さいね!

そもそも腸内環境とダイエットは関係があるのか

腸の調子って、便秘や下痢のときぐらいしか意識しないですよね。

そもそも腸を整えるとなんで痩せるの?という疑問が出てくると思います。

そこで、腸内環境と痩せ効果についての流れを見てみましょう。

①余計な食べかすを減らして腸内を綺麗にする

②腸内が綺麗になると栄養を効率よく吸収できる⇒代謝があがり脂肪を燃焼しやすくなる(痩せ効果アップ)

この流れで痩せやすい身体を作ることが目的です。

では、この流れを①~③まで一つ一つ丁寧に見ていきましょう。

余計な食べかすを減らして腸内を綺麗にする

余計な食べかすが腸内に残っていると、食べかすは腐ってしまいます。

晩御飯を部屋に置きっぱなしにしたら、一晩二晩で腐りますよね?

同じことが腸内で起こっているわけです。

腐った食べ物からは毒素がいっぱいでています。この毒素が腸から吸収され、血液に乗って身体中にいきわたります。

想像するだけでもゾっとしますね。

毒素が吸収された細胞は働きが悪くなり、代謝は落ち免疫力は下がり・・・と、身体全体の機能が落ちて太りやすくなるんです。

これを避けるためにも、「まずは腸内から食べかすを減らしましょう」という流れができるわけです。

腸内が綺麗になると栄養を効率よく吸収できる

食べかすが腸内にとどまって、腸の中を埋め尽くしてしまうと、新しく食べたものも吸収されにくくなってしまいます。

古い食べ物が邪魔をして新しい食べ物が吸収できない状態です。

こうして新しい食べ物が腐って、また腸内に毒素が溜まる。。。の繰り返しになります。

腸内が綺麗になると、新鮮な栄養が吸収され、血液に乗って全身に行き届きます。

その結果代謝がアップして、痩せやすい体質になる、という流れが出来上がります。

代謝アップの詳しい中身については色んな要素がありますので、別記事にしています。

内臓の代謝とダイエットの関係について↓

[kanren2 postid=”344″]

代謝アップに効果的な栄養について↓

[kanren2 postid=”380″]

ダイエットとして腸内環境を意識するタイミング

ダイエットと聞くと、運動や筋トレ、食事制限やサプリメントなどがさっと浮かんできますよね。

それぞれに痩せるための効果があるんですが、腸内環境を意識するのは

全てのダイエットを始める前

にして下さい。

一番最初

です。

絶対です。私のサイトでも随所でしつこいぐらいに繰り返しています。

栄養の吸収と代謝によって、身体は太ったり痩せたりします。

この機能を担当する腸の環境が悪ければ結局、

どんなダイエットも失敗します

色んなダイエットで痩せることに成功しても、腸内でまた毒素が溜まってしまっては必ず振り出しに戻ります。

逆に腸内環境を整えることを忘れずに意識していれば、辛い運動や食事制限をすることなく、自然と痩せていくんですね。

腸内環境を良くするための行動が結局、ダイエットに良い行動につながるからです。

では具体的にはどんなことをしていくのか、ここから順番に見ていきましょう。

腸内環境を整える菌の種類と摂取方法

腸内環境を左右するのは、腸内に住んでいる「菌」の働きです。

なかでも善玉菌という「腸内環境を整える」菌を増やすことが、ダイエット成功へのミッションになります。

善玉菌が多くなると、悪者である悪玉菌をやっつけて減らしてくれるうえ、どちらにも属していない「日和見菌」という菌も善玉菌と同じ働きをさせてくれるようになります。

難しいことは置いといて、とにかく善玉菌を増やすことを考えましょう(笑)

腸内環境を良くする善玉菌について

善玉菌は大きく分けて2種類がいます。

ビフィズス菌乳酸菌です。

ヨーグルトや便秘薬のパッケージにも書いてありますよね。

・ビフィズス菌は殺菌作用があって、悪玉菌をやっつける。

・乳酸菌は便通を良くして腸内を綺麗にする。

ダイエット的にはこれぐらいの認識で十分です。

この善玉菌たちを増やすことが、ダイエットの重要なポイントになります。

方法は2つあります。

①直接、善玉菌を摂る

サプリメントやヨーグルト等で、菌そのものを身体に入れてあげることです。簡単で素晴らしい(笑)

ただし、要注意事項があります。

しっかり成分を確認し、「人工甘味料」が含まれていないかをチェックしてください。

「人工甘味料」とは・・・サッカリン、スクラロース、アスパルテーム等です。この3つだけでも入っていないかをチェックしてくださいね。

これらの人工甘味料は、腸内細菌に悪影響を与え、腸に大きく負担となります。

個人的には本当に許せないことなんですが、

「腸内を綺麗にする」ことをウリにしたサプリメントにたっぷり人工甘味料が入っていて、これを信じて毎日飲み続けた人は、コツコツと腸に悪いものを身体に貯めてしまう。

こんなことがダイエット市場ではたくさん起こっています。新しい商品が出過ぎて規制も追いつかない状態なんです。私自身が、行政で働いていた経験があり、違反業者とのいたちごっこに何度も悔しい思いをしています。

暑苦しい私の思いは置いといて(笑)、皆さんも食材選びの際はぜひ気をつけてくださいね。

善玉菌のエサを摂る

ダイエットには食物繊維が良い!というのは、テレビ等に刷り込まれて誰もが信じて疑わない常識だと思います(笑)

ただ、一般的なイメージでは「便通」を良くすることだけのイメージがありませんか?

食物繊維に2種類あって、「便通」を良くするものと、乳酸菌のエサになるものとがあるんです。

乳酸菌のエサとなるのは「水溶性食物繊維」と分類されるものです。あまり難しいことを理解するよりは、ざっと食品を挙げますのでご参照下さい。

海草類
・寒天 ・ひじき ・めかぶ ・わかめ ・もずく ・昆布

果物類
・キウイ ・バナナ ・りんご ・レモン ・かき ・もも ・いちご など

野菜・豆類
・ゴボウ ・アボカド ・オクラ ・モロヘイヤ ・しゅんぎく ・納豆 ・きなこ など

意外にも野菜よりは海草や果物が多いんですよね。野菜にももちろん繊維は含まれていますが、便のカサを大きくして便通を良くする「不溶性食物繊維」のほうが多く含まれているんです。

なお、食物繊維とダイエットの関係についてはこちらも参考になります↓

[kanren2 postid=”食物繊維”]

菌を摂取する以外の腸内環境改善方法

さて、ここまでは腸内に良いものを身体に取り入れる形での対策をお話しました。じ

実は腸内環境を整えることは、身体の外からの対策も有効なんです。

なかでも簡単にできるものを取り上げましたので、今すぐにでも取り入れてみて下さい(笑)

呼吸で腸内環境を改善

腸の動きは、「自律神経」によってコントロールされています。

難しそう、、って思った方もご安心ください(笑)

何が言いたいかというと、自律神経をコントロールする唯一の方法が「呼吸」だということを言いたいだけなんです。

自律神経の働きについて詳しく知る必要はなくて、とにかく「リラックスモード」で「腸が動く」と覚えていただきたいんです。

鼻から大きく吸ってお腹を膨らませて、口から細く長く吐いてお腹をへこませる。

これだけでオッケーです。いわゆる、腹式呼吸というやつです。

日常で呼吸をわざわざ意識していないですよね?

ここをあえてダイエットのために、気づいたときに深呼吸をするようにしてください。

効果としては、

・身体がリラックスモードに切り替わり、腸が動き始める

・ストレスが緩和されて腸の動きが活発になる

・血中の酸素が増えて脂肪を燃やす助けになる

ことが挙げられます。

無料で簡単どこでもできる最強のダイエットツールです(笑)

腸を動かすストレッチをする

ストレッチについては、腸内環境を整えるだけではなく、骨格を正しい位置に戻して血の巡りを良くし、代謝をアップさせる効果があります。

身体の外から腸をぐにぐにと動かして刺激するので、実感は一番湧きやすいですね。呼吸と組み合わせると最強です(笑)

詳しいエクササイズや効果についてはこちら↓

[kanren2 postid=”406″]

多少面倒でも、「腸を整える軽いエクササイズならしてみたい」という方は、外部サイトでこちらが非常に参考になるサイトです。

まとめ

ダイエットを始めるとき、一番最初に考えるべきなのが腸内環境についてです。

せっかく運動やサプリでダイエットに取り組んでも、身体が太りやすいままだと効果は半減。

時間も労力も無駄になってしまっては辛すぎます。

今回の内容を整理すると、

・ダイエットを始める前に腸内環境を整える

・腸内環境を整えるためには、腸内の善玉菌を増やす必要がある

・善玉菌にはビフィズス菌乳酸菌がいる

・善玉菌のエサには海草や果物からとれる水溶性食物繊維が必要

呼吸/エクササイズでも腸内環境を整えられる

となります。

ダイエットにとって、最重要な話題ですので、他記事や外部サイトへのリンクが多いうえ、記事のボリュームも多くなりました。

ここまで読んでいただいて本当にありがとうございます。

この記事が、あなたのダイエットの第一歩として、これからのダイエットを効果的にしたり、サプリ選びの参考になったり、お役に立てることを願っています。

ダイエットの始め方についてはこちらへどうぞ!

※ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると喜びます!m(__)m


【目標体重とダイエット期間を無料診断しています!】
お名前、年齢、性別、体脂肪率、身長、現体重を明記のうえ、こちらのフォームからメッセージをお願いします。 記事への感想や、「〇〇ダイエット」について知りたいことなどのお声もいただきたいです!どうぞお気軽にメッセージをお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です