砂糖スプーン一杯を辞めると一ヵ月で20km分のウォーキングになる

どうも、佐々木です。

カロリー計算や栄養バランスを考えるのって結構手間がかかるので、少しでも負担を減らしたいですよね。

できるだけダイエットに良いものを取り入れて空腹感をなくして、

良くないものを控えていくのがベストです。

ただ、習慣として無意識に摂っている小さいカロリーの積み重ねが意痩せない原因なのも事実。

かといって安易にノンカロリー系に手を出すと腸内環境がボロボロになって痩せにくいどころか病気の元です。

[kanren2 postid=”447″]

そこで今回は、頭で理解しておくだけで膨大なカロリーオフになるお得知識をご紹介します。

「これぐらいなら我慢できるかな」

という考えでカロリーオフを積み重ねておくと、

「普通に食べているつもりなのに痩せてきたな」

とじわじわ効果を実感することができますよ!

コーヒーブレイクからダイエットを見てみる

タイトルにティースプーンを例にしてみましたので、コーヒーを甘くするときのカロリーを見てみましょう。

コーヒーに砂糖を大さじ一杯の場合(9g)

糖質は1gあたり4kcalなので、

9g×4kcal=36kcal

一日一回コーヒーブレイクをするとして、一ヵ月で36kcal×30日=1,080kcal

体重60kgの人のウォーキング約4時間分です!

これを2杯飲んでいると一ヵ月でウォーキング約8時間分

一日断食しているぐらいのカロリーが積み重なっています。

つまみにお菓子を食べていたら、小さいお菓子一つでもカロリーがバカにならないですよね。

一緒にランチをしている人を見て、

「なんで結構食べているのにこの人って太らないんだろう・・・」

って思うことはありませんか?

太らない人は、エレベーターよりも階段、砂糖はやめておくなどして、

積み重なるとすごい量になる努力

をコツコツしているから太らないんですね。(それも無意識で!)

ダイエッターたちも昨日今日でいきなり太ったわけではありません。

コツコツ太って今に至ります(私です・・・)

10分歩けば砂糖大さじ一杯分をカロリー消費できます。

習慣になった砂糖をやめて、3分の徒歩を3回するだけで、フルマラソンほどの距離を歩いたカロリーを消費できるんです。

こうやって、数字に変えてみるとむちゃくちゃやる気が出てくるんですよね(笑)

食パンにバターをぬったときのカロリーは?

朝食の定番「トースト」。

バターやマーガリンを塗ると約5g使うんですが、この時のカロリーはどうでしょうか。

脂質は1gあたり9kcal。

バター5g×9kcal=45kcal

45kcal×30日=1,350kcal

朝食を雑穀米や、果物に置き換えるだけでも脂質で構成されるカロリーはずいぶんと減らすことができますね。

パン食には特に、乳製品や先ほどの砂糖入りのコーヒーや紅茶などと組み合わさることが多く、

ダイエット向きとは言えない食習慣です。

[kanren2 postid=”443″]

習慣として身についたものを全部やめるのはストレスが溜まりますので、

今日はやめとうこかな

と気が向いたときだけ意識すると、自然と変える回数が増えていきます。

痩せたい思いが心のどこかにあると、ふと瞬間に行動が変わっていきますので(笑)

カロリーから、身体につく脂肪量を逆算してみる

太りやすいとされる糖質と脂質の二つで例を出しましたが、

これらのカロリーがどれくらいの体重になって返ってくるかも見ておきましょう。

成分表示のカロリーが何キロの脂肪になるかを想像する癖がつきます(無駄食いをかなりストップできます)

コーヒーに入れる砂糖一杯が一ヵ月で1,080kcalでした。

糖質は1gあたり4kcalなので

1,080kcal÷4=270g

砂糖一杯で、一ヵ月で270gのお肉が身体にくっつくことがわかりました(笑)

270gのステーキ肉って相当な量がありますよね!大盛で二人前といったところでしょうか。。

焼き肉食べ放題の暴食の結果ぐらい積み重なります。。。

同じことが脂質でもできます。

バターをトーストに塗ると一ヵ月で1,350kcalでした。

脂質は1gで9kcalありますので、

1,350kcal÷9=150g

大体大盛ステーキで一枚分ぐらいありました(笑)

もちろん、糖質も脂質も体内で代謝されますし、食材によって消費されやすさにも差があります。

ただ、意識付けという部分では十分すぎるぐらい恐怖ですよね?

一週間に一回、アイスクリームを食べても同じぐらい蓄えられます。

一回ぐらい、、、と思った積み重ねが太るものになっているんですね。

食べたものを記録するとグンと痩せる(レコーディング)ダイエットが大流行しましたが、

毎日自分が食べたものを見せつけられては、恐怖心から食べる気も失せる気持ちがわかります(笑)

ダイエットには激しい運動も食事制限も不要

コーヒーに入れる砂糖やトーストに塗るバターだけを例にしましたが、

間食やデザート等をちょっと控えるか、ダイエット向きの食材に変えるだけで、

何時間も運動する分のカロリーカットをできることがわかりました。

一日5分、歩く機会を作るだけでも一ヵ月150分(2時間30分!)も歩いた分を消費出来ます。

これって、早歩きすればハーフマラソンぐらいの距離を歩けるんですよね。

一回階段を使うだけでも1,2分はかかります。それを一日数回するだけでも、

本当はダイエット効果があるんですね。

無意識や習慣のレベルでしている太る積み重ねをカットして、少しの運動を加えると倍々ゲームで痩せ体質をゲットできます。

精神論のような内容になりましたが、

数値化してどれぐらい太るかをインプットしないと、

「我慢勝負だけのダイエット」になってしまい、決して無駄食いは減りません。

自然と無題食いを辞めたくなるような考え方をする方がストレスはかかりませんよね。

ストレスにならない我慢がダイエットにつながるなら、こんな楽なことはありません。

難しいカロリー計算は不要ですので、糖質はカロリー÷4、脂質はカロリー÷9、

4と9だけ覚えて、いつもチェックするカロリーでどれだけ身体に脂肪がつくか想像してみて下さい。

きっと一か月後には痩せ習慣がゲットできているはずです!

ダイエットの始め方についてはこちらへどうぞ!

※ランキングに参加しています!ポチっとしていただけると喜びます!m(__)m


【目標体重とダイエット期間を無料診断しています!】
お名前、年齢、性別、体脂肪率、身長、現体重を明記のうえ、こちらのフォームからメッセージをお願いします。 記事への感想や、「〇〇ダイエット」について知りたいことなどのお声もいただきたいです!どうぞお気軽にメッセージをお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です